白髪ができる原因とは、色素細胞「メラノサイト」の活動低下です。 髪の毛の色の元となっているメラニン色素を作っている「メラノサイト(加齢に伴い働きが弱まって、白髪が増えたりするわけですね)」の活動が、何かの要因で低下してしまったりすると、白髪が生えてしまいます。 では、メラノサイト(悪性黒色腫をメラノーマと呼びます)の活動を低下させる要因には、どのようなことがあげられるのでしょう。 まずは、加齢です。 一般的に、白髪の一番大きな原因として、年齢的なものが考えられています。 また、病気が白髪の元になることもあるようです。 病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)をすると、体の中のカロリーが病気の治癒に多く使われるようになるため、メラニン色素(色素細胞・メラノサイトで生成されています)を作り出す力が低下してしまいます。 それに、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)や生活習慣(一度に何もかも改善するのは難しいですが、健康によくないことを一つでもやめる・減らす、からだにいいことを一つでも始めるということが大切です)の乱れも白髪ができる原因です。 睡眠時間の不足、運動不足、喫煙(吸っている本人だけでなく、側で煙を吸った人の健康にも影響が出るといわれています)、栄養バランス(必要な栄養素を毎日の食事で必要なだけの量摂ることが大切です)の悪い食生活、ストレスなどで、全身の血行が悪くなって代謝が落ちると、メラノサイトの活動も低下して、白髪が生えやすくなりますよ。 加齢や病気が原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)の場合は別として、正しい生活習慣と食生活を心がけるだけで、白髪を防ぐことができるでしょう。 心身の状態が良い人は、年齢を重ねても、白髪が生えてくる時期が遅くなるといった報告もあるくらいですー